​素材別の特徴

ブライダルの指輪といえば定番のプラチナ900

​絶対に変色しない変わらないもの・・ということもあり昔から選ばれています。

​ツヤのある明るい銀色です。

​プラチナ900

Pt900

​プラチナに比べると、黒味がかった銀色の素材

​艶消し(マット加工)にすると特にグレーが強くなる色になります。

K18ホワイトゴールド

K18 WG

ゴールドの中でも一番黄色味の強い素材

​艶消し(マット加工)にするとアンティーク風になり、ミル打ちとの相性もバツグン。

K18 イエローゴールド

​K18 YG

人気のピンクゴールド。

柔らか味のある淡いピンク色というイメージ

​日本人の肌にもすごくなじみのいいお色です。

K18 ピンクゴールド

​K18 PG

色味の説明が難しいですが

K18WGをすこしだけ黄色くした渋いイメージ。

​黒味がかった淡い茶色い金属といった感じ

K18 シャンパンゴールド

K18 SG

K18WGと同じ色合いで、黒味がかった銀色

​加工もしやすく粘りのある素材。

K14​ ホワイトゴールド

K14 WG

K18YGに比べると、少し淡い金色。

​嫌味のない肌にもなじむ金色です。

K14 イエローゴールド

​K14 YG

3種類あるピンクゴールドのなかでも

一番赤味の強いピンク色。

​パッと見ていかにもピンクゴールドとわかる素材です。

K14 ピンクゴールド

​K14 PG

​K18.K14のWGと比べると、なんとなくですが黄色を感じる素材。ただ単体で見れば黒味がかった銀色です。(ならべるとなんとなく違うといったイメージ)

K10​ ホワイトゴールド

K10 WG

当然ですがK18.K14と比べると、かなり淡い金色になります。最近流行りのブランドでもよく使われている素材です。

K10 イエローゴールド

​K10 YG

K18ピンクゴールドが白味がかったような色合い​で、明らかに薄いピンクです。

​最近流行りのブランドでもよく使われている人気の素材です。

K10 ピンクゴールド

​K10 PG